今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

妊娠中の注意点産後の痩せない原因授乳中の正しいダイエットとは!

ダイエット

妊娠中の注意点産後の痩せない原因授乳中の正しいダイエットとは!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

念願の我が子を妊娠し、辛いつわりを乗り越え、十月十日の長いような短い妊婦期間を過ごし、出産。女性は本当に強いです。 でも妊娠中に太り過ぎて産後体重がなかなか落ちない!そんな方に予防法や原因そして、授乳中の正しいダイエットの仕方などをまとめたので紹介します♪

妊娠中でも出来る運動で体重増加を防ぐ!

出典 http://encrypted-tbn2.gstatic.com

妊娠は病気ではないので動いたらいけないわけではありません。1日1万歩歩くと安産だと言われているくらいなので、むしろ運動はした方がいいのです。ですが、ランニングをしたり普段全く筋トレをしていない方が急にやり始めるのはNG!筋トレは16週を過ぎた中期に入った頃から始めましょう。※主治医の先生と相談するのが安心です。

妊娠中でもできるオススメな運動

スクワット

ヒップブリッジ

ストレッチ

他にもマタニティスイミングやマタニティヨガなどもリフレッシュでき、オススメです。そして、運動をしているかしていないかで出産や産後の身体に違いがでてきます。出産時は物凄く体力が必要になるので運動をしていた方がお産が楽だったという声もあります。そして産後も戻りが早いのです。

産後体重が落ちない人の原因

1.食べ過ぎている

母乳で育てているお母さんだと、母乳を飲ませるだけで1日に500〜700㎏カロリー消費するといわれています。ですが母乳をあげているとお腹が空くので食べ過ぎてしまう人がいます。母乳で育てているのになかなか体重が減らない人はノートに食べた物を書き出してみると自分が1日どれくらいのカロリーを摂取しているか分かって、食べ過ぎを防止することができます。

2.ミルクをあげている

完全母乳で育てているわけではなく、中には母乳がしっかりでなかったり、仕事があるのでミルクをあげて育てていく方も多くいらっしゃると思います。そんな方は母乳育児の方よりも落ちにくいと言われています。母乳で育てている方は平均1ヶ月で1㎏ペースでゆっくりと落ちていくのですがその母乳の量が少なかったり、あげていなかったりすると、自分の消費カロリーが少ないので体重が落ちずらくなります。適度に運動をするのがおすすめです。

3.運動をしていない

出産は全治1ヶ月の怪我と同じと言われていて、それほど体力も使います。なので産後1ヶ月は運動をしなくて大丈夫です。2.3ヶ月程になったら徐々に軽い運動をするようにしましょう。母乳で最も痩せられる期間は産後6ヶ月まで。6ヶ月を過ぎた方は本格的な運動を取り入れていい時期になります。

4.骨盤が歪んでいる

出典 http://lh3.googleusercontent.com

産後に多いのが骨盤の歪みです。産後は骨盤が大きく開き、数ヶ月でゆっくりと元の状態に戻っていきますが、歪んだままの状態で戻ってしまうと、冷え性や不妊、痩せないなど色々なトラブルにつながってしまいます。しかし、骨盤ベルトやガードルなど骨盤を矯正することで骨盤が正しい位置に戻り、筋肉をきちんと使え、血行も良くなることによって筋肉がつき、基礎代謝が上がります。そしてカロリー消費をすることで痩せやすい身体作りができるのです。

まとめ

授乳中は無理な食事制限などは一切してはいけません。母乳の量が極端に減ったりするなど、お子さんにも影響が出てしまいます。産後は誰もが1番痩せれる時などで、人生で1番痩せることだってできるのです!育児をしながら楽しくダイエットに励みましょう♪

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?